シアリスのジェネリック医薬品メガリス

勃起不全などの症状を改善するための医薬品として、ED治療薬が知られています。

医療機関で処方されているED治療薬の種類は、バイアグラとレビトラ、シアリスとなっており、メガリスはシアリスのジェネリック医薬品となり、医療機関での処方は行われていません。

ジェネリック医薬品を数多く製造しているインドの製薬メーカーが開発したもので、シアリスの後発医薬品に該当します。

日本国内の薬剤師会によってメガリスは配合成分の分析が行われており、安心して利用できるED治療薬であることが証明されています。

メガリスはシアリス同様に、主成分がタダラフィルとなっており、勃起を阻害する要因となる酵素であるPDE5を分解する作用があります。

男性の場合には勃起がいつまでも継続すると大変ですので、人体の中に勃起を抑制させる酵素を持っています。

年齢などが原因で勃起力が弱まることでPDE5の作用が強まってしまうと、勃起不全の症状が現れてしまうために、タダラフィルの作用としてPDE5の働きを阻害することで、勃起の促進につなげることが可能となります。

長時間の勃起を促進させるED治療薬メガリス

メガリス20mgを服用したときには、勃起を促進させる効果の持続時間は最長で36時間となります。

バイアグラやレビトラは服用してから効果の持続時間が、4〜5時間ほどとなりますので、それらと比較するとかなりの長時間にわたって効果の持続が期待できます。

服用してから1日半にわたって、勃起の促進作用が得られることで、服用後すぐに性行為をしなければならないことで、精神的プレッシャーを受けている人の場合には、安心して性行為に臨めるようになる効果もあります。

性行為に臨む前に好きなタイミングで服用できることと、食事による影響を受けにくい点もメリットとなります。

入手方法は、インターネット上で医薬品の通販を行っている個人輸入の代行業者から購入する方法となります。

日本で取り扱われているシアリスの場合には、10mgのものが1700〜1800円となっていて、高価な価格と言えます。

メガリスは1錠あたりの価格が、130円ほどとなっていますので、シアリスと比べてかなりリーズナブルな価格で入手できる点が特徴です。

副作用としては、吐き気や腹痛、頭痛などが多くみられる症状で軽度な場合が多いと言えます。

服用したことによって、副作用の症状が重く現れたときには、医療機関を受診して医者に相談する必要があります。

アルコールと一緒に服用することで効果が薄れる可能性がありますので、水やぬるま湯と一緒に服用することがおすすめです。