ED治療のためのジェネリック医薬品メガリス

ED治療薬として日本で認可を受けているものには、バイアグラとシアリス、レビトラの3種類が存在しており、専門的に治療を行っているクリニックなどで処方を受けることが可能です。

これらのED治療薬の他のものとして、シアリスのジェネリック医薬品としてメガリスがあります。

シアリスのジェネリック医薬品として、製造されている海外の医薬品は数多く存在していますが、その中でも知名度の高い種類のものと言えます。

メガリスは勃起不全などのEDの症状に対して有効な効果をもたらす医薬品で、利用者が世界中で増えている傾向があります。

メガリスに含まれている主成分のタダラフィルは、シアリスにも配合されている成分で、陰茎の血流を促進させる作用があり、服用してから30分から1時間ほどで効果が現れます。

1回につき1錠を水やぬるま湯と一緒に服用することで、最大で36時間の勃起促進効果を得ることができます。

ED治療薬として知られているバイアグラやレビトラは、服用してからの効果の持続時間は4〜5時間ですので、それらと比較するとかなりの長時間にわたって効果を得ることが期待できます。

その特徴によって、加齢によるEDだけではなく、心因性が要因となっているEDの治療についても有効であると考えられています。

ネット通販で個人輸入できる!シアリスよりも安くてお得なメガリス

勃起を抑制する酵素のPDE5を阻害する医薬品で、服用することで陰茎周辺の血管を拡張させる働きがあります。

メガリスは薬局やドラッグストアで販売されていませんし、医療機関で処方を受けることもできないために、入手するためには、海外の医薬品を取り扱っているインターネット上の通販サイトを利用することになります。

先発医薬品のシアリスを医療機関で処方してもらったときには、1錠あたりの価格が1700〜2000円となっていますが、メガリスをインターネット上で購入すると1錠あたり140円ほどの価格で入手できます。

シアリスと比較したときに、かなりの経済的な負担を削減できる医薬品となりますので、安価な価格でED治療薬を試したい人に向いていると言えます。

服用することで稀に副作用を発症する可能性があり、頭痛や動悸、腹痛などの症状が現れることがあります。

アルコールについても過剰に摂取することは控えたほうが良く、重篤な副作用が生じたときにはすぐに医療機関で医者に相談することが大切です。

成分に関して過去に既往歴がある人や、子ども、女性の服用は禁忌とされていますので注意が必要です。