ジェネリック医薬品メガリスの使い方と効能

勃起不全は、男性にとって精神的にショックが大きい症状かと思います。

ストレスや精神的なことが原因で不全に陥る方も多いと思います。そんなときに、病院に処方してもらうのがED治療薬です。

メガリスは、ED治療薬であり、主成分としてタダラフィルを含むシアリスのジェネリック医薬品です。

このタダラフィルは、男性器の陰茎への血流を促進する効果があり、服用した直後から作用します。

なお、女性、お子さん、成分に対して過去に既往歴のある方は服用が禁忌となります。

また、ニトロ系(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ)を服用している方は服用を控えるようにしてください。

また、同じ成分であっても人によって効果が違うので、用量は各自で確認、検討する必要があります。

ED治療薬には、一般に、例えば、バイアグラやレビトラがありますが、ED治療薬は、それぞれ、使い方や、効能のきき方に違いがあります。

メガリスではアルコールの影響は受けづらいとされます。

食事や飲酒の影響を基本的には受けません。ただし人により食後すぐに服用すると効果はあまり感じられませんが、空腹時に服用するようにすればかなりの効果が発揮されます。

ED治療薬の中でも持続時間が長いメガリス

持続時間も1回につき24時間以上持続、36時間程度あり、ED治療薬のなかでは最長時間を誇ります(レビトラは約4時間)。

なお、ED治療薬は、服用したら効果が生じている間ずっと男性器が勃起することになるわけではなく、刺激を受ければ勃起するようになるという理解です。すなわち、催淫効果はありません。

また、薬ですので、ED治療薬にも副作用があります。

この点、バイアグラやレビトラに比べてメガリスは副作用が抑えられています。

とはいえ、頭痛や動悸、吐き気や腹痛を感じたら、副作用と考えてもよいものですが、いずれも軽度に抑えられるかと思います。

もし用量を間違え大量に服用したなどで重度の副作用が生じた場合にはしかるべき医療機関に相談してください。

なお、シアリスは国内で購入できますが、メガリスは個人輸入による入手です。

なお、バイアグラの日本承認は1999年、そのあと、2004年にレビトラ、2007年にシアリスがそれぞれ承認されました。

メガリスといったED治療薬のジェネリックは、特許制度が日本や欧米とは違うインドで通常製造されています。

ここで、個人輸入を扱ういわゆる個人輸入業者には、偽物をあつかう業者も多くあるので注意が必要です。

ジェネリック医薬品の個人輸入そのものは違法ではありません。