メガリスのメリットは?バイアグラ、レビトラとの比較

日本の中でED治療薬として知名度の高いものはバイアグラになると思いますが、医療機関で処方が受けられる医薬品としてシアリスやレビトラも知られています。

近年では、シアリスのジェネリック医薬品として、メガリスの存在も知っている人が多いと言えるでしょう。

シアリスはバイアグラとレビトラよりも、効果の持続性が長い点や食事による影響を受けないなどの特徴があります。

メガリスはジェネリック医薬品ですので、シアリスよりも価格が安い点が特徴です。

シアリスと同様に、バイアグラとレビトラと比較して、即効性は劣っていると言えますが、持続力が長いメリットがあります。

性行為をする1時間前に服用することで、最長で36時間の効果の持続が期待できます。

主成分はタダラフィルで、服用してから30分から1時間ほどで効果が現れます。

バイアグラなどとは異なり、勃起を促進させる作用の持続時間が長いことで、性行為をすぐにしなければならないという精神的なプレッシャーを軽減できます。

早く効果を得るためには、アルコールやお茶などの飲み物と一緒に服用するのではなく、水やぬるま湯で服用することがおすすめです。

勃起の機能障害を改善するメガリス

成分のタダラフィルには、陰茎の海綿体を弛緩させてペニスへの血流を促進することと同時に、勃起を抑制させる作用のある酵素の働きを抑える効果があるために、勃起を持続させることができるようになります。

性欲が高まったときに、陰茎への血液がスムーズに流れ込むようになることで、勃起の機能障害を改善できます。

メガリス自体に媚薬作用が含まれているわけではなく、あくまでもED治療薬に該当します。

服用してから勃起に至るまでには、性的刺激を受けることが条件で、錠剤を服用するだけで勃起が促進されるわけではありません。

シアリスは厚生労働省の認可を受けているED治療薬ですので、医療機関で処方を受けることが可能ですが、メガリスは個人輸入の代行業者を通じてしか入手することはできません。

ED治療薬には一定の副作用を発症する可能性がありますので、服用の際には注意が必要になります。

近年では医療技術が発展しているために、副作用が生じた場合であっても早急に対応することによって症状がひどくなることを防ぐことが可能です。

メガリスを服用したときに生じる主な副作用としては、吐き気や頭痛、腹痛などの症状となります。

アルコールを摂取しても影響を受けにくいとされていますが、過剰に摂取してしまうと効果が半減してしまうことが考えられますので、錠剤を服用したときにはアルコールが摂取しないほうが良いと言えます。